転職活動の準備として有効な資格取得

介護業界へ転職を考えているなら、最低限の準備をしておくといいだろう。介護の世界は、他業種からの転職組にも労働力としての大きな期待をかけている。そのため、業界未経験者でもスムーズに仕事探しができるようなシステムが整えられているのだ。

具体的に言うと、資格制度の充実が挙げられる。転職活動がしたいという人に最適な準備ができるよう、経験無しでも取得できる簡単な入門資格をいくつも設けているのだ。昔でいうところのホームヘルパー資格になるが、介護職員初任者研修というものと実務者研修というものを用意している。これらは、旧ホームヘルパーの2級と1級にそれぞれ該当するもので、介護の基本を一通り学ぶことができる便利な講習である。試験ではなくて講習なので、最後まで諦めさえしなければ誰でも資格はもらえるはずだ。不合格というのは基本的には存在しない資格で、この2つを取得しているだけでも、転職はしやすくなる。

転職に失敗をして無職になってしまうというのが、一番怖いことだろう。その点で、介護業界は入りやすいといえる。こうした資格を取得しておけば、転職活動はスムーズに行えるからだ。未経験を理由に採用されないケースはあるかもしれないが、粘っていればいつか仕事に就くことはできるだろう。人材不足の介護業界が転職者の受け皿として機能している理由が、こうした資格制度の充実にも隠されているのである。全過程修了までには時間がかかるので、受講開始は早ければ早いほどいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です